2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

合同練習記事

 【29//2012】

マーチングバンド:楽器が届き、活動を開始 「シーズ+」初の全体練習 /福島
毎日新聞 5月27日(日)11時56分配信

 南相馬市立原町第一小学校の卒業生らが参加したマーチングバンド「Seeds+(シーズプラス)」が26日、二本松市で初の全体練習を行い、本格的な活動を始めた。この日、ボランティアグループ「楽器 for Kids(子どもたちに楽器を)」(東京)から楽器が届けられ、準備が整った。キャプテンの南相馬市立原町二中2年、田原彩子さん(14)は「とってもうれしい。全国大会を目指します」と話した。【高橋秀郎】
 シーズプラスは「マーチングをしたい子どもたちの夢をかなえよう」と保護者らの呼びかけで4月に発足した。小学2年~中学2年の36人。原町一小の避難先の児童を含むシーズに、同校卒業生やほかの小学校の児童らが加わった。学校に頼れないため、楽器をそろえるのが課題だった。
 「楽器 for Kids」は、代表のサックス奏者、武田和大(かずひろ)さん(44)らが昨年4月、全国から使わなくなった楽器や寄付金を募り、被災地に楽器を届けるプロジェクトを始め、これまで300点以上を贈ってきた。
 この日は、武田さんらスタッフ4人が練習場を訪れ、トランペットやトロンボーン、マーチングバリトンなど楽器20点余と譜面台や手入れ用具などを手渡した。楽器は修理や手入れを済ませてあり、手に入りにくい楽器は寄付金で購入した。
 武田さんは「楽器は、たくさんの方からみなさんに贈られたものです。楽しんでください」と語り、メンバーと合奏を楽しんだ。
 原町一小出身以外から参加したのは4人。大熊町から会津若松市に避難中の小学3年、高松那哉君(8)は「歌も演奏も大好き。音楽でみんなを笑顔にしたい」と話した。同市の小学4年、丸田倫瑛君(9)は「みんなと演奏できて楽しい。大きな大会に出たい」と意欲を語った。


毎日新聞さん。ありがとうございます♪
スポンサーサイト

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

助成いただいた団体様

ご協力・マーチング団体

ご連絡はこちら♪

入団希望や、支援・協賛に関して。また、出演依頼、その他質問等はこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。